fc2ブログ

    トリノアト

    感想と覚書に調べ物・・・時々くるま

    ブロードウェイミュージカル『ピーター・パン』/御園座

    1. 2023/08/20(日) 00:34:22_
    2. 観劇記録
    3. _ tb:0
    4. _ comment:0
    題:ブロードウェイミュージカル『ピーター・パン』
    2023年8月5日(土)マチネ 2F3列下手センター

    ピーター・パン:山崎玲奈/フック船長:小野田龍之介/ウェンディ:岡部麟(AKB48)/ダーリング夫人:須藤理彩/タイガー・リリー役:江上万絢
    【パイレーツ】スミー:今村洋一、ジュークス:渡部又吁、マリンズ:天野夏実、ヌードラー:藍 実成、スターキー:伊藤 奨、チェッコ:米澤賢人
    【ロストボーイズ】ニブス:德岡 明、カーリー:小熊 綸、スライトリー:阿部美月、ラブル:梶 みなみ、トートルズ:松尾音音
    【モリビト】髙城 徹、住 玲衣奈、ASUKA、古澤美樹、西澤真耶、大津夕陽、大津朝陽、松平和希
    ジョン(Wキャスト):☆東 未結、堀 蒼寿
    マイケル(Wキャスト):畠中一花、☆三田一颯

    かねてからの希望、『甥っ子、姪っ子にミュージカルピーターパンを見せる』を達成しました^^
    誕生日やクリスマス、入学などにプレゼントをしないので(そういう節目は親や祖父母がやりますもんね)その分を纏めて伯母は体験費用に振り分けた感じです。
    とは思っていたものの、御園座には子供料金が無く、大人も子供(3歳以上)もA席9000円と知り、そ、そうか子供2人、大人3人=5人分の費用か・・・と思っていた所、『夏休みファミリー割引チケット』という、とてつもなくお得なチケットを発見!!⇒3人以上での申し込みなら、2階のA席が子供3000円、大人7000円に!!ええ、申し込みましたとも。
    席も選べるし、私が気が付いたのがファミリーチケット発売の翌日だったせいもあり未だガラガラ・・・逆に心配になってきました。御園座のTwitterでも発表ないし、公式ページからリンクはあるけどPDFで直接ページ飛べずアドレス直打ちしましたよ、なんだ?知らせる気が無いのか御園座?!そういうところ直した方が良いぞ。

    これから御園座でミュージカルを見られる方、御園座さんの公式ページをちょくちょく(チケット販売前から)覗くことをお勧めします。
    そうそう、A席とB席の区切りとかも公式サイトで見られませんでした、チケット販売時に確かめる感じ、これもどうかと思います、前もって席を考えたいですよ><
    ああ、全然ミュージカルの話をしていませんね

    ネタバレ感想

    舞台 吸血鬼すぐ死ぬ 感想2

    1. 2023/07/04(火) 20:47:30_
    2. 観劇記録
    3. _ tb:0
    4. _ comment:0
    題:舞台 吸血鬼すぐ死ぬ 

    感想の2です、個別の続きとお話感想。
    ネタバレあり。





    舞台『吸血鬼すぐ死ぬ』感想1/U-NEXTライブ配信 2023年6月11日(日)17:00千秋楽公演

    1. 2023/07/03(月) 18:06:11_
    2. 観劇記録
    3. _ tb:0
    4. _ comment:0
    題:舞台 吸血鬼すぐ死ぬ
    U-NEXTライブ配信 2023年6月11日(日)17:00千秋楽公演
    代金:3700円 U-NEXTの月額プランに申し込むことなく、都度課金制にてご購入可能

    今なら『舞台吸血鬼すぐ死ぬ アーカイブ配信』がご覧いただけます。購入より7日間何度でも見られて、月プランに入る必要なし、お代3700円、10回見れば一回370円で単行本より安いです!
    詳しくはこちら⇒ 【しぬステ、アーカイブ配信2023年6月27日(火)12:00~2023年7月10日(月)23:59】

    随分と時間が過ぎてしまいましたが、吸血鬼すぐ死ぬ、通称 『吸死』 で、舞台の通称は 『しぬステ』の舞台感想です。
    しぬステ・・・すごいネーミングだな。
    さて、私はツイッターフォロワーさんの呟きからアニメを見始めた口です。アニメの豪華な声優、ばかばかしくギリギリ風味のギャグアニメなのに時々挟まるホロリとするシーンが絶妙で、楽しく見させていただいていました。
    そこへ舞台化のお知らせ。
    当初、「へー舞台化かぁ、この頃は結構舞台化するよねー、あ?でもドラルクどうやって砂るの??」
    と主人公の一人、すぐ死んで砂になるドラルクの死にっぷりに疑問を持つ程度だったこちらですが、キャスト全員の発表となり・・・

    「は?え??今さん??がドラウス(ドラルクの父)――うあわぁぁぁあ―――いや、落ち着こう、深呼吸するんだ、自分。」

    となりまして、初、2.5次元舞台を鑑賞することにいたしました。
    流石に現地まで行く事は無理で、自宅でのライブ配信鑑賞。これも初めてでした、月額プランじゃなく都度課金&1週間の見逃し配信付きでお得感、プランに入らなくても良いのは嬉しい。

    ◆概要◆
    原作:TVアニメ「吸血鬼すぐ死ぬ」
    盆ノ木至「吸血鬼すぐ死ぬ」(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)より
    脚本・演出・作詞:村上大樹

    キャスト
    ドラルク:山本一慶/ロナルド:鈴木裕樹
    ヒナイチ:其原有沙/半田 桃:吉高志音/フクマ:寿里/サテツ:重松直樹/ショット:二葉 要/シーニャ・シリスキー:鈴木凌平/マリア:明音亜弥/ター・チャン:田崎礼奈/メドキ:大見洋太/ホームランバッター役:千賀翔太/コユキ:知念紗耶/暴々夫:ウラシマ/Y談おじさん:OH-SE/ドラウス:今 拓哉

    公演日 2023/6/2(金)~2023/6/11(日)
    会場 東京・天王洲銀河劇場

    ネタバレありの感想(記憶を頼りにしているので色々間違いあります、きっと)



    ミュージカル・ロマン 『うたかたの恋』タカラヅカレビュー 『Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』/中日劇場

    1. 2018/02/24(土) 15:01:27_
    2. 観劇記録
    3. _ tb:0
    4. _ comment:0
    題:ミュージカル・ロマン 『うたかたの恋』タカラヅカレビュー 『Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』
    2018年2月11日(日)15:30  中日劇場 A席 上手8列目
    20180224うたかたの恋

    今年3月末にて終了となってしまう『中日劇場』
    最後だし、宝塚を中日で見た事無いし、ということで会社同僚の方のご友人の尽力にて、チケットを入手してもらい、これままた初宝塚の旦那と見に行ってきました。
    下記あらすじ等・・・宝塚のHPより引用です。

    ミュージカル・ロマン 『うたかたの恋』
    原作/クロード・アネ
    脚本/柴田 侑宏 演出/中村 暁

    19世紀末、オーストリアで実際に起こった悲恋を描いたクロード・アネの小説「マイヤーリンク」をもとに、オーストリア皇帝の嫡子ルドルフと、男爵令嬢マリー・ヴェッツェラとの許されざる恋をドラマティックに描いた傑作ミュージカル。1983年の初演以降、再演を重ねてきた、儚くも美しい愛の物語です。

    タカラヅカレビュー
    『Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』
    作・演出/酒井 澄夫
    タカラヅカレビューの伝統を紡ぐ作品。『モン・パリ』初演から90年余り、その歴史は数多くの素晴らしい場面、素敵な曲で彩られています。パリレビューの場面を中心に、きらめく花の様に多彩な輝きを放つ紅ゆずるを中心とした星組メンバーの魅力を一杯詰め込んだ、豪華絢爛なレビューをお届け致します。

    感想



    紳士のための愛と殺人の手引き/梅田芸術劇場

    1. 2017/05/08(月) 22:33:08_
    2. 観劇記録
    3. _ tb:0
    4. _ comment:0
    題:紳士のための愛と殺人の手引き
    日時:2017年5月5日マチネ 梅田芸術劇場3F2列目サブセンター
    脚本・歌詞:ロバート・L・フリードマン/音楽・歌詞:スティーブン・ルトバク/原作:ロイ・ホーニマン/翻訳:徐 賀世子/訳詞:高橋亜子/日本版演出:寺﨑秀臣

    ダイスクイス・ファミリー(8役):市村正親
    モンティ・ナヴァーロ:ウエンツ瑛士/柿澤勇人(Wキャスト)
    シベラ・ホルワード:シルビア・グラブ
    フィービー・ダイスクイス:宮澤エマ
    ミス・シングル:春風ひとみ

    生イッチーが見たくて当初地元でチケット取るつもりでしたが上演時に用事が入った・・・丁度GWに大阪へ、ならばということでモンティ役を選ばずに取ったらウエンツ君でした。
    実は当日まで柿澤君だと思っていたので、キャストを見てかなり驚きました^^;
    このミュージカル。事前情報を探すもあまり感想が聞こえず、当日にはトークショーが組まれ、これは、もしかして駄作!><と心配になっていたのですが、杞憂でしたー。スミマセンすみません。ふつうに面白いミュージカルでした。

    感想(ネタバレ有)





    NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


    プロフィール

    K・フイベ

    Author:K・フイベ
    ◆すきなこと
    読書:推理小説・幻想文学
    ミーハー的に純文学
    観劇:この頃はミュージカル
    調べ物
    作画工作

    ◆愛好
    非人型のAI (KITT君、タチコマなど)
    動き・声の綺麗な役者さん。

    ユーザータグのリスト表示

    検索フォーム

    カウンタ

    QRコード

    QRコード

    ブロとも申請フォーム