fc2ブログ

    トリノアト

    感想と覚書に調べ物・・・時々くるま

    冬の庭作業とクレマチス追加

    1. 2022/02/18(金) 23:51:09_
    2. 園芸
    3. _ tb:0
    4. _ comment:0
    2月は地味に作業の多い月な気がする・・・しかし、寒さと天候にかこつけて殆ど行えておらず。
    それでも一番大きくなっているバラの『オデユッセイア』の剪定と誘引をしましたね。あと寒肥と寒ざらし。
    そうそう、植え替え用の土と鉢の用意はしたんですよ、一応。
    あとは題にもあるクレマチスの追加ははは、購入してしまいました、しかも当初考えていた種類ではなく―――絶賛嵌り中の『グッド・オーメンズ』に託けた品種。
    天使担当として『ブルーエンジェル』ジャックマニー系遅咲き大輪、新枝咲き
    悪魔担当としては『ジゼラ』ジャックマニー系遅咲き大輪、新枝咲き
    いやぁ、天使関連の名前の観賞用植物ってやっぱり多いのでクレマチスも例外ではなく、クリスパエンジェルとか天使の首飾りとかそのまんまガブリエルとかありましてね、ブルーエンジェルは天使アジラフェルの瞳の色がペールブルーとの表記からです。あと花弁にフリルが入っていてちょっとだけゴージャス。
    対して悪魔。
    まったく!悪魔系の少ない事!!というか悪魔関係の名前って皆無?まぁ積極的に付けないですよねぇ。強いて言うならクレマチスの事を別名で『悪魔のより糸』というので基本が悪魔、と言ってしまえばいいのでしょうが、ちょっとなぁ。暗い紫色で9センチほどの花のブラックプリンスがありましたが、これはベルゼブブ様っぽいし:グッドオーメンズ実写版
    もうこうなったら品種名にこじつけたるわ、ってことで、花色は暗め(出来たら暗めの赤紫:悪魔の髪色)、黄色のしべ(悪魔の目が金色なのと、堕ちる前、天使の頃は星を作っていたという逸話から)で探して絞り込み、品名の意味を辞書で引く・・・ようやく辿り着いたのが『ジゼラ(Gizera)』(又はGisela)意味が「固い約束、友情や愛情などの印、証拠」全く悪魔らしくないですがクロウリーらしくはあります(対天使)
    20220218ブルーエンジェルとジゼラということで、晴れてこの2品をお迎え・・・扱っている園芸店が少なくて苦労しました。
    今年は一回り大きな鉢で育てて、それぞれの特性を見てみたいと思います、似合うと良いなぁ。しかし、ジゼラ、もしかしたらオデユセイアと花弁の色が被るのではないか疑惑があります。まぁ別場所に植えるので大丈夫かな、とは思いますが・・・。この子らの鉢まし植え替えもしないとな、でも週末の天気悪いんですよねぇ。


    庭の話

    1. 2021/11/07(日) 11:27:20_
    2. 覚書き
    3. _ tb:0
    4. _ comment:0
    昔から庭で遊ぶのが好きで、人様の家の庭を見るのも好きで、それもきちんと手入れがされている庭だけではなくて、ある時ふとブームが来てその後にそのブームが去ったんだろうなぁ、と思われる庭とか、主の消えてしまっただろう庭とか、思惑とズレてるんだろうな、という庭までがそれぞれに楽しく、長じては歴史上の庭と文化の繋がりやら、経済と庭とか、宗教と庭とか、なんとなく庭関係の調べ物がしたくなってきたのが数年前。
    その後、チラホラと本を読んで、講演を聞いて、その時は成程と思い、何かしらの覚えもするのですが、歳のせいか記憶の脱落が激しい…また、俯瞰で全体を眺められるような文献も余りなく、断片的な知識がこれまた半ば朧げな形で脳みそに突っかかっている状況。

    これはどうにかせねば。
    と、思い始めて数か月後の今、ここにブログと言うメモ機能があるのですから使えばいいのか、と思い至る。
    なんせブログなら外に居ても見られる。
    久しぶりにブログも書き始めましたしねー、つらつら纏められると良いですが、どうでしょうねぇ。
    先ずは、庭の歴史かなぁ。

    囲まれた庭と囲む庭

    1. 2021/08/15(日) 15:14:57_
    2. TV・ゲーム
    3. _ tb:0
    4. _ comment:0
    グッド・オーメンズと庭についてのメモ(ネタばれあり)




    森と庭園の英国史 著:遠山茂樹 / 文春新書

    1. 2017/05/30(火) 22:39:37_
    2. 読書
    3. _ tb:0
    4. _ comment:0
    題:森と庭園の英国史 著:遠山茂樹 文春新書

    ご無沙汰の庭園読書・・・++;
    英国庭園の成り立ち、プラントハンター、森と兎に狩りとジェントルマン、総合しての英国庭園文化についてまとめられている新書本です。
    堅い本かな?と思っていましたが、けっこうくだけていて楽しい本。
    著者の方があとがきで『気軽に手に取り、読んだ後にチョッピリ勉強になった、と思って頂けたら。と書かれていますが、まさにそんな感じの本でした^^

    特に面白かったのが、兎の記述。
    みなさんピーターラビットはラビットだから、野兎じゃなくて穴兎だって知ってました?
    私は兎に野と穴とで違いがあるとは知りませんでしたーー。
    あと雪うさぎ、は真っ白だからまぁ分かりますが・・・野兎は『ヘア』といい足が速いのはこちらのウサギさん。
    われらがピーターは『ラビット』で穴ウサギだから、実の所『穴掘りは得意だけど足は速くない!!』ええぇぇぇ
    だからピーター父は捕まってウサギパイにされたのか><

    コレを知っただけでも勉強になりましたよ、遠山さん。
    あとは、狩りを法律絡みで特権階級の物としていたこととか(←イギリスっぽい)、それを守らない一般市民を取り締まるための団体が出来るとか、でも上手くゆかないとか、水晶宮が大鬼蓮の葉脈から来ているとかとか。勉強になりましたー。

    また庭読書、しなくてはなぁ。

    園芸カテゴリ

    1. 2016/04/04(月) 22:55:53_
    2. 園芸
    3. _ tb:0
    4. _ comment:0
    小庭が出来たので園芸カテゴリを作成。

    引っ越しに伴い『折角だからなぁ』と、どうにかこうにか にわ を確保しましたが、流石にサイズ的には難しく、我が『すみっこ庵』の庭は、リビング前(午後は日蔭)と玄関前(1畳程度)と幅0.8程度の西側通路(←裏に行く通路ね)で合計10㎡あるかないかというところ。
    このサイズだと手本となるものが余り無くて困りました。
    よく園芸や庭いじりの雑誌や本で 『ちいさな庭の云々』 と書かれていますが、大抵、ちっちゃくないんですよねぇ
    あと隣の家までがかなり空いていたり、日当たりが良かったり・・。
    そんな中、幾つか困難を分かっている感じの雑誌や本を見つけると嬉しくなりました。

    狭さをいかす家づくり(NHK趣味の園芸別冊)
    フロントガーデン(著:宇田川佳子・丸山美夏)
    あとイギリス人の男性ガーデナーが小さな庭や日陰の庭を上手に手直しする本・・・なんだっけかな?

    何はともあれ、これでどうにか 『庭の実践』 が出来るはず。
    ひとまず庭木を選んでいますが、その前にレンガ積の畑部分(幅1M×2M)に植える野菜を考察し。
    やはり王道にトマトにピーマン、茄子にジャガイモだ!
    と思ってジャガイモを勇み足で購入。しかし後になりトマトやピーマンと仲が悪いと知る><
    さて、どうしよう・・・。


    NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


    プロフィール

    K・フイベ

    Author:K・フイベ
    ◆すきなこと
    読書:推理小説・幻想文学
    ミーハー的に純文学
    観劇:この頃はミュージカル
    調べ物
    作画工作

    ◆愛好
    非人型のAI (KITT君、タチコマなど)
    動き・声の綺麗な役者さん。

    ユーザータグのリスト表示

    検索フォーム

    カウンタ

    QRコード

    QRコード

    ブロとも申請フォーム